神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



臥竜弁才天(がりゅうべんざいてん)
長野県は須坂市にある、市民の憩いの公園・・・臥竜公園。

池があり、そこではかもや鯉がゆったりと泳いでいたり、亀が時々顔を見せてくれたり。

CIMG5565.jpg

ボートに乗ることもできるんです。

また、園内には動物園もあり、家族で楽しめるレジャースポットとしても、市内だけではなく、県内の方にも有名な場所なんです。

春になれば、桜の花も咲き誇り、花見の大客様がたくさん集まる人気スポットでもあるんですよ。

そんな、名所の中に・・・・

なんと、弁財天様がいらっしゃったんです。




思い出の場所・・・臥竜公園


私も、家族を連れて、なんどもここ臥竜公園には来たことがあるんですよ。

次男坊が小さい頃は、ここの動物園でも大喜びしてくれてね。

桜の季節も来た事があったかな。

手軽に楽しめるスポットで、家族で何度か遊びに来て入るはずなんですが・・・

ここに弁才天様がいらっしゃるのを知ったのはつい先日のこと。

前回、このブログでも書きました「宇賀神大弁財天堂(うがのがみだいべんざいてんどう)」を探している時に、たまたまインターネットでヒットしたんです。

同じ弁財天と言うことで、ヒットしたのだと思うのですが、名前を見て・・・「臥竜弁才天???」・・・もしかして、臥竜こうえんの中にあるのかな???

そんな思い出、ナビを開いて確認してみたら、やっぱり公園の中にあるではないですか。

これは1度行って見なくては・・・と思い立ち、先日お参りに行かせていただきました。




池の中の小さな弁才天様


ナビを頼りに車を走らせて、午後のおやつの時間の頃に臥竜公園に到着しました。

駐車場に車を止めて、さて・・・どこに弁才天様がいらっしゃるのかな???

と、公園内を見回してみると・・・・

すぐに、弁財天様はわかりました。

公園の中にある、池の真ん中に島があり、その島に渡る橋に登り旗が立っているではないですか。

CIMG5578.jpg 

きっとあそこだと思い、足早に移動をしました。

まだまだ暑い時間だったので、途中にあるかき氷の暖簾に後ろ髪をひかれる思いを振り払いながら・・・弁天島(かってに私が名づけました!)に向いました。

橋の袂までたどり着くと・・・・

赤い橋の欄干には、「臥竜弁才天」の登り旗がしっかりと立っていました。

  CIMG5570.jpg

やっぱりここだ!

早速、橋を渡り弁天島へ乗り込みました。

CIMG5571.jpg

島といっても、本当に小さな島で、弁天様がある他は、ベンチが一つあるくらいのものでした。

橋を渡り、右手周りに進むと、すぐに小ぶりの赤い鳥居が表れました。

CIMG5559.jpg

いよいよ弁天様とご対面です!!!


CIMG5560.jpg


焦る気持ちを抑えながら、お辞儀をして、鳥居をくぐり、お社に向います。

お社といっても、小さな祠があるだけですが・・・

CIMG5557.jpg

祠の目に立ち、お賽銭を入れさせていただき、いつものように、感謝の気持ちと、たくさんお人達の幸せを願い、そして、私のお願い事も聞いていただきました。

前回おまいりさせていただいた「宇賀神大弁財天堂」で知ったことですが、弁財天様は、富をもたらす神様だけではなく、学問の神様であり、芸の神様でもあるとのこと。

ですから、今回も、我が家のお店が、たくさんの方の笑顔を届けられることの他に、音楽活動も活発に行えるようになることもお願いしました。

私の趣味の一つに音楽活動もあるものですから・・・。




家族で楽しめる臥竜公園


先にも書いたように、ここ臥竜公園には、小さいながらも動物園があったり、ボートに乗れる池があったりして、家族で楽しめるスポットなんです。

CIMG5579.jpg   CIMG5567.jpg

いわば市民の憩いの場として知られている場所で、その中にある、ここ「臥竜弁才天」は、市民の方々に親しまれている弁財天様なんですよ。

ですから、もし、ここ「臥竜弁才天」にこられるのなら、是非、時間をたっぷりと取って、動物園や池など、公園を一緒に楽しんでこられたらいいかと思いますよ。





スポンサーサイト