神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



熊野皇大神社(碓氷峠 熊野神社)・・・①
去る8月29日の土曜日に、長野県は軽井沢町にある熊野皇大神社にお参りに行ってきました。

CIMG5607.jpg

S県から、姉が遊びに来てました。

姉が、以前遊びに来た時に、ここ熊野皇大神社に連れて行ったところ、とても気に入り、今回も是非行きたいとお言う希望から、参拝させていただきました。

ま、ここ熊野皇大神社は、我が家でもお気に入りの神社なので、軽井沢方面に来た時には、かならずと言っていいほど足を運ばせていただいているところなんです。



日本でも珍しい神社


ここ熊野皇大神社は、日本でも珍しい神社なんです。

我が家がこの熊野皇大神社を知ったのも、珍しい神社としてテレビで放映されたのを見たからなんです。

ま、我が家が行きたかった一番の理由は、その珍しさではなく、ここで扱っているご朱印帳が、鳥の羽の絵だったんですよ。

CIMG5657.jpg

で、家の奥さんが、そのご朱印帳がどうしても欲しいというので、2年ほど前に足を運ばせていただいたのが最初だったんですよ。

しかし、一度来てみたら、ご朱印帳だけでなく、神社としても、とても魅力的で素晴らしいので、その後も足を運ばせていただいています。

さてさて・・・・

ここ熊野皇大神社の何がそんなに珍しいのかと言うと・・・

なんと、ここの神社は、長野県と群馬県の県境にあり、一つの神社に二つの宗教法人が顕在し、一つの神社なんですが、それぞれの法人の宮司・責任役・氏子総代二管理されているんです。

CIMG5618.jpg

ですから、もちろん、祈祷や寄付、社務所なども別々になっているんですよ。

CIMG5650.jpg   CIMG5649.jpg

それがゆえに、境内の山門や本道に、長野県と群馬県の県境が記されているんです。

CIMG5647.jpg   CIMG5625.jpg

このような県境にあり、一つの神社の中に二つの神様が共存しているのは、日本各地を探しても珍しいケースだと言うことです。

CIMG5605.jpg

ちなみに、神社の名前も、長野県側は「熊野皇大神社」で、

CIMG5620.jpg

群馬県側は「碓氷峠 熊野神社」と言うそうです。

CIMG5619.jpg




群馬県側から?・・・それとも長野県側から?



さてさて・・・・

お参りに来た時に、ここの神社は、参拝者の為の駐車場が狭いんです。

CIMG5606.jpg

平日なら、車も止められるのですが、今回は土曜日。

車が止められか心配しながら、山道を登ってきました。

しかし・・・

やはり駐車場は一杯でした。

そこで、この神社のすぐ前にあるお蕎麦屋さんでお昼を食べるからと言うことで、車を止めさせていただき、先ずは参拝をさせていただきました。

参拝するには、まず狭くて急な階段を登らなくてはなりません。

CIMG5673.jpg


しかし・・・

ここが、この陣者の優しいところ。

階段の下に、お賽銭を入れるところがあり、階段を登るのが大変な方は、この階段の下でおまいりをしてもいいことになっているんです。

だから、手水舎も、階段の下にあります。

CIMG5676.jpg

ただ、現在は、手水舎は、コロナウィルス感染予防の観点から、使用できませんが・・・。

でも、ある本で読みましたが、手水舎が使えないときには、手水舎の前で手をおあわせ、手水舎の神様に、「どうぞお清め下さい。」とお願いするといいそうです。

また、手水舎が使えなくても、ハンカチを持っていれば、そのハンカチで手を拭くだけでもいいそうですよ。

手水舎の神様にご挨拶をして、私達は頑張って階段を登りました。

上りきったところに大きな山門があり、

CIMG5666.jpg


この山門の片側が、群馬県側のご朱印授かり所になっているんです。

CIMG5630.jpg

もちろん、山門を入って右手に大きな授かり所があり、お祭りのときや大勢人が訪れるであろう時などは、ことらの授かり所が空いているんですが、この日は、山門のところの授かり所で受付をしていました。

ちなみに、長野県側の五主因授かり所は、山門を抜けた左手にあります。

CIMG5652.jpg

ここまで来て、先ず悩むのが、群馬県側の神様からお参りするのか、それとも長野県側の神様から尾参るするのかということなんです。

お参りする場所はひとつなんですが、本堂の正面に、それぞれのお賽銭箱や鈴などがあり、別々にお参りするようになっているんです。

お参りの仕方を書いた案内書きも、別々にあるんですよ。

私は、長野県の住民なので、いつも長野県側の神様からおまいりをさせてもらうのですけどね。

もちろん、いつもと同じように、ご挨拶やお礼など、両方の神様に丁寧にお参りさせていただきます。

深く二礼した後、二拍手、そして再度深く一礼した後に、熊野皇大神社の神々様や龍神様と巡り合えたこと、そして、今回もこのようにお参りさせていただけたことを感謝し、世界中の人の愛と平和と調和と秩序と富と健康と幸せを願い、すべての人に愛と善意を放てるよう、努力していくことを誓います。

そして、願いを叶えるために、自分でも最善の努力を尽くすので、是非お力添えと後押しをしていただけるようお願いさせていただくんです。

参拝の方法では、このお願い事を、二拍手と最後の一礼との間で行うよう書かれているかと思うのですが、私の読んだある方の本では、一礼をした後、お礼とお願い事をし、そして、最後にもう一度、二礼・二拍手・一礼をして終わりにしても良いと書いてあったので、私はこのやり方をいつもさせていただいています。

また、神様はお願い事をするのではなく、まだ叶っていない事でも、叶ったようにお礼を言うのがいいと書いてある本が多いのですが、やはり私の読んだ本の中には、神様は寛大だから、お願い事をしてもかまわないとありました。

ただし、ただ「お願いします。」ではなく、自分も頑張ります・・・という決意があるといいと書いてあったので、私は、願いがかなうよう、私自身も最善の努力をすることを誓ったうえで、お願いをかなえていただけるようお参りしているんです。

この辺は、それぞれの方の信じるやり方でいいのだと思いますがね。

さてさて・・・・

お参りを済ませた後は、ご朱印をもらいに列に並びました。

そして、書いて頂いている間に、境内の中になる別のお社などをお参りさせていただきました。

このあたりのことは、次回のブログで書かせていただきます。








【 熊野皇大神社 】

所在地・・・・長野県軽井沢町峠町2

詳しくはこちら








スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する