神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



諏訪大社4社めぐり・・・・その3 下社(秋宮)偏
諏訪大社4社のうち、茅野市と諏訪市にある2社をめぐり、これで半分を制覇したことにあります。

これから、湖の反対側である下諏訪町へ移動。

諏訪大社4社のうち、一番大きな下社(秋宮)で参拝させていただきます!!!

CIMG5832.jpg





お湯も出ている手水者


ここ下社(秋宮)にも、通常の手水舎の他に、温泉の出ている手水舎がありました。

CIMG5833.jpg  

さすが温泉の街ですね。

御神湯と書されているこのお湯・・・・結構熱いですよ。

 新しいイメージ

上社本宮の明神湯も熱かったですが、ここの御神湯も熱いです。

いきなり手を入れるとびっくりしますのでご注意を!!!

手水舎は、他の神社と同様に柄杓を使わなくても手を清められるように配慮された作りになっていました。

CIMG5835.jpg

やはり、今参拝者が減っているとはいえ、これだけメジャーなスポット・・・・パワースポットとしても有名ですから・・・ですからね。

できる配慮はしておかないと。

ましてや、神社にお参りに行って、コロナに感染してしまったなんて、洒落にもならないしね。



自分にあう神社とあわない神社・・・


さて、ここ下社(秋宮)にはいると、まず目に入るのが、ご神木となる「寝入りの杉」です。

CIMG5856.jpg CIMG5857.jpg

大きくて立派な杉の木なんですよ。

そして、そのすぐ後ろに、これもまた立派な神楽殿があるんです。

CIMG5851.jpg CIMG5852.jpg

そのしめ縄の太さにもびっくりしていますほど。

始めてきて、何も調べずに見たら、ここが本殿かと思うほどです。

でも、ここは神楽殿であって、本殿はこのすぐ後ろにあるんです。

CIMG5836.jpg

ここの本殿は、幣拝殿と左右方拝殿というそれぞれ左右違う作りからなっていて、歴史的にも貴重なつくりの本殿なんです。

CIMG5837.jpg CIMG5838.jpg

また、ここも、他の神社と変わらず、本殿などの柱への彫刻が素晴らしいんです。

CIMG5839.jpg

これだけでも芸術品としても価値が高いのではないでしょうか。

これらの彫刻を見るのも、神社参拝のときの楽しみの一つにもなりますね。

歴史の重みを感じつつ、心静かに手を合わせると、自然と心が清らかになってくる感じがするから不思議なものです。

ちなみに、神社の大小にかかわらず、その神社に入った時に、すがすがしい気持ちや、凛とした引き締まった気持など、良い気分になれる神社は、その人にとって良い神社で、逆に、気分が悪くなったり、頭が思い等、嫌な気分になる神社はその人に会っていない神社だそうです。

神社は神社でも、その人にあう神社と会わない神社があるそうで、合わない神社に長居して、無理そてお参りを続けると、言わないものまでついて規定しますので、もしここは合わない神社だなと思ったら、鳥居をくぐらず、鳥居の外から手を合わさせていただき、参拝を終わりにさせていただくほうがいいという話を聞いたことがありますよ。

私は、その辺の感覚が鈍いのか、あまり嫌な気分の神社に出会ったことがないのですが、家の奥さんは、神社によって受ける印象がずいぶん違うようです。

さらに言えば、私のように、あまり感覚が研ぎ澄まされていない者は、たくさんお参りをさせていただき、感性を磨いた方が良いようです。

ですから、私も精進できるよう、日々努力を繰り返しています。

で・・・

私的には、ここ諏訪大社のどの神社も、凛とした空気感が好きで、お参りさせていただくと、とてもすがすがしい気持ちにさせていただいています。




周りの人の幸せを願って・・・!


さてさて・・・・

ここ下社(秋宮)も、長野県の一の宮になりますから、「一の宮の神様にお会いできたことを心より感謝します・・・・」の一言を加えて、いつものように、感謝と、世界中の方々への平和への願いを誓いを立てさせていただきました。

どこに行っても、世界中の方々への祈りをさせていただくのですが、はじめは、ただ言葉だけを述べているだけでも、それを繰り返すうちに、自分は本当にこう思っている・・・と、感覚が変わってくるんですよね。

これって、いわゆる言霊のちからですよね。

私も、偉そうなことなど言えませんが、毎回お参りさせていただくたびに、大小の神社に関わらず、世界中の方々の愛と平和と調和と秩序を富と健康と幸せを願い、すべての人へ、愛と善意を放つことを誓っていると、本当に、そんな人間になりたいと思えるようになりましたから。

ま、世界中の方々を私が幸せにしてあげることはできませんが、私の目の前にいる方に、小さな小さな笑顔を届けるくらいの力は、私にもあるだろうと思って、日々努力を繰り返しているンドエすが・・・。

自分でできることから始めればいいんです。

できないことを無理に目標にして、できないできないと嘆くより、些細なことでも、先ずすぐにできることを始めることが、神様に下買いが伝わる秘訣であり、しいては、自分の願いが実現する秘訣でもあるんですよ。

あしたから〇〇をはじめよう・・・

ではなくて、今から・・・今から始められることを見つけて始めること。

それが、願いを実現するポイントだと、ある本にも書いてありましたから。

また、ある方から教えていただいた考え方なんですけど・・・・

例えば、自分が、誰かに喜ばれることや、役に立つことなどをすると、自分にポイントがたまるんですって。

例えば、車を運転していて、人に道を譲ったら1ポイント・・・とか。

だれかの手助けをしたら5ポイント・・・とかね。

そして、そのポイントがたくさんたまると、何かいいことが起こったり、危険を回避できたりするんですって。

ポイントが多ければ多いほど、大きなことが起きたりするとか。

でも、何かいいことがあったり、守られたりしたら、その時にポイントは使われてしまうんですが、また人のためになることをすれば、どんどんポイントがたまっていくんですって。

この考え方、今の時代にあったわかりやすい考え方かなって思いました。

この考え方で、すべてのことが納得できるわけではないですが、少なからず、人にやさしくするといいことがあるかもしれないって考えられるじゃないですか。

だから、今、私は、何か人の役に立ったり、人に喜んでもらえるようなことをしたなと思えた時は「ポイントゲット!」と心の中で叫んでいます。

そうすることで、また人のために何かしようと思えるからです。

自分に見返りがあるからやるという考え方は、神様の世界からすれば、意図に反することかもしれませんが、あくまでも、どんな考えをもって、人の役に立つことをするのかという点だけのことなので、私は良しとしています。




本殿・神楽殿の他にも・・・・


ここ諏訪大社・下社(秋宮)には、この本殿や神楽殿の他に、鹿島社・子安社・賀茂上下社・八坂社(どれお末社です。)が祀られていて、一度にいくつもの神様とつながりを持たせていただくことができます。

CIMG5840.jpg CIMG5841.jpg

CIMG5842.jpg CIMG5843.jpg

CIMG5844.jpg

また、法仏殿も、同じ境内野中にあり、昔から伝わる貴重な品々を見ることができるんです。

CIMG5854.jpg CIMG5855.jpg

その他・・・

もちろん、御柱は4本・・・それぞれの角に立てられています。

CIMG5845.jpg

この諏訪大社特有のものかもしれませんが、この地域の酒蔵の酒樽も飾ってあるんですよ。

CIMG5846.jpg

この酒樽は、ここ下社(秋宮)だけでなく、他の神社にも見られるんです。

きっと、これらの神社が栄えるに当たり、酒蔵の方々のご支援がたくさんあったのだろうと想像されます。(ただ、なんで酒樽が飾ってあるのか、本当に理由はわかりませんが・・・)

余談になりますが、その中に、我が家がお世話になっています本金酒造さんの酒樽も見つけました。

CIMG5847.jpg

他の酒蔵のお酒ももちろん美味しいのですが、我が家は、この本金主増産の「太一」と言うお酒が好きで、よく蔵にも足を運ばせていただいているんですよ。

諏訪にお越しのさいには、お土産に、是非日本酒もお楽しみくださいね。

そして、上社(本宮)同様、ここも、お守りを授かる場所と、語朱印をいただく場所が違っていました。

お守りは、神楽殿おすぐ横にある社務所でいただけるのですが、

CIMG5853.jpg

ご朱印は、その下にある社務所で頂くんですよ。

CIMG5860.jpg

看板が出ているので、すぐにわかると思いますが・・・。

ご朱印をいただける社務所には、今話題のアマビエ様もいらっしゃいましたよ!

CIMG5862.jpg




見事な狛犬様


そして・・・

ここの狛犬様も立派でしたよ。

CIMG5849.jpg CIMG5850.jpg

後ろから見ると、またすごいんですよ!

CIMG5848.jpg

これだけ力強そうな狛犬様が、入り口で目を光らせていると、さすがの魔物も恐れをなして逃げていくのではないでしょうか。

ただ・・・

諏訪大社の全ての神社にこのペットお断りの立て札が立っているにお関わらず、

CIMG5865.jpg

うちの子はしつけができているから大丈夫だと思っているからなのか、犬を連れて参拝されている方もかなり見かけました。

以前、聞いたところによると、犬などのペットは、境内でも糞尿をしてしまうので、つれての参拝を禁止しているところが多いとのこと。

自分の家のペットは大丈夫だとか、抱いているからいいだろうだとか、自分勝手な解釈で、ルールを曲げてしまうのはどういうものかと疑問に感じます。

狛犬様は特別ですが・・・

なくてもいいルールはできないはずですから、ルールはみんなが守ってほしいですね。

そうしないと、犬や猫を飼っている人みんなが同じだと思われてしまいますからね。

それも、犬や猫などの動物が悪いわけではないのに・・・。



諏訪大社 下社(秋宮)で頂いたご朱印はこちら

CIMG6038.jpg











【 諏訪大社 下社(秋宮) 】

所在地・・・・長野県諏訪郡下諏訪町5828

詳しくはこちら









スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する