神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



諏訪大社4社めぐり・・・・その4 春宮偏
さてえさてさてさて・・・・

諏訪大社4社めぐりも、3社までお参りを済ませました。

午前中の2社で、予定以上の時間をかけてしまっていたので、3社目の下社(秋宮)では、少々駆け足でのお参り。

だって、時間になると社務所がしまってしまい、ご朱印がいただけなくなってしまうから。

残りの一つ春宮までまわれば、4社めぐり達成。

それでご朱印をもらえば、記念にオリジナル巾着ももらえるというので、なんとか最後まで周り、ご朱印と記念巾着をゲットしたいと思っていました。

しかし、上(本宮)を出たのが2時半頃ですから、少々急がないと、このペースでは周りきれない思い、ペースアップしました。

そして、下社(秋宮)に到着したのが午後3時。

お参りを済ませて、下社(秋宮)を出発したのが午後3時半過ぎ。

下社(秋宮)から春宮までは、車で5分くらい。

社務所も、どんなに早くしまっても、4時くらいまでは空いているだろうから、、なんとか間に合うだろうと、とちょっと安心をしての移動となりました。

そして、春宮に到着。

さあ・・・

4社めぐり最後のお参りです!!!




下社(秋宮)のスケールダウン???


春宮の駐車場に車を止めて、いざ境内へ。

CIMG5866.jpg

ここ諏訪大社・春宮の手水舎は、鳥居をくぐる手前の道路わきにあるんです。

CIMG5869.jpg  CIMG5867.jpg

すぐ目に付くのでわかりますが、やはり、ここでも、柄杓を使わずに清められるように工夫されていました。


CIMG5868.jpg

さてさて・・・

鳥居をくぐり境内に入ると、

CIMG5919.jpg   CIMG5920.jpg

まずは、社務所に立ち寄り、何時までご朱印がいただけるかを確認したところ、この日は4時半まで大丈夫とのこと。(社務所の方が愛想が悪いと言う声もありましたが・・・)

それなら、ゆっくりとお参りをさせていただいてからでもご朱印は間に合うなと思い、先ずは参拝をさせていただくことにしました。

ここ春宮は、その前にお参りさせていただいた下社(秋宮)と作りがよく似ているんです。

スケール的には、下社(秋宮)の方が大きいのですが、基本的な作りはそっくりなんですよ。

山門をくぐると、まず目につくのが神楽殿です。

CIMG5885.jpg  CIMG5886.jpg

下社(秋宮)ほど大きなものではないですが、敷地内の中央にどっしりと構えています。

そして、その裏に本殿があるんです。

CIMG5879.jpg

その本殿も、本殿を中央に配置し、その両脇に幣拝殿と左右方拝殿で構成された作りとなっています。

CIMG5875.jpg  CIMG5877.jpg

本殿に彫られた彫刻も、これまた素晴らしい。

CIMG5878.jpg

龍を含めた彫刻は、何度見ても、どこで見ても、惚れ惚れしてしまいますね。

その本殿で、今回も、しっかりとお参りをさせていただきました。

ちなみに、家の奥さんは、この諏訪大社4社のうち、この春宮の空気感が一番好きだと言っていました



御柱と結びの杉


さて・・・・

ここ春宮にも、若宮社(摂社)と上諏訪社(末社)、

CIMG5881.jpg  CIMG5882.jpg

CIMG5883.jpg

そして子安社(末社)の3つの神様も祭られていました。

CIMG5889.jpg CIMG5890.jpg

ちなみに、摂社とは、その本殿に祀られている神様と縁故の深い神を祀った神社で、末社とはそれ以外のもののことだそうです。

(詳しくはこちらで・・・)

そして、神社でお参りされたさいに、これらの摂社や末社の神様にもおまいりさせていただくと、それだけたくさんの神様と、一度につながりを持たせていただける機会となるそうです。

ですから、摂社・末社の神様をたくさん祀ってある神社に行った時には、1度にたくさんの神様とご縁を結ばせていただけると思うと、本当に嬉しくなります。

なので、もちろん、今回も、この若宮社と上諏訪社の神様・龍神様にもおまいりさせていただきました。

あ・・・

そうそう・・・

これもある本で本で読んだことなんですが、神様は、本当は本殿にいらっしゃるのではなく、たくさんの神様が境内にある木や石や水・草花など、自然の物の所にいらっしゃるそうで、本殿でお願い事をすると、そのお願い事に一番適した神様が来てくださり、お願い事を聞いてくださるそうですよ。

そして、本殿までは、龍神様に乗って来るそうですよ。

う~~~・・・・

ロマンのある話ではないですか!!!

それはさておき・・・・話しを本題に戻して・・・

この若宮社や上諏訪社の神様にも、丁寧にお参りをさせていただいた後、境内を散策させていただくと、そこには、筒粥殿というのもありました、

CIMG5887.jpg CIMG5888.jpg

この筒粥殿は、昔、神事の一つであった神粥事の神粥炊き上げが行われた場所だそうです。

毎年1月14日の夜から15日の朝にかけて、神職が囲炉裏を囲み、一晩中藁筒を、米と小豆の粥に入れて炊き込み、藁筒44本のうち、43本は作物の豊凶を、残りの一本は世の中を占ったとされています。

この頃から占いはあったのですね。

そして、もう一つ目を引いたのが、この「結び杉」です。

CIMG5873.jpg  CIMG5874.jpg

この「結び杉」は、先端が二つに分かれているのですが、根元で一つに繋がっていることから、縁結びの杉とされて、親しまれているそうです。

あ・・・そうそう、もちろん、ここ春宮にも立派な4本の御柱が立てられていましたよ!!!

CIMG5880.jpg

そうそう・・・

ここ諏訪大社・春宮の狛犬様も、とても立派なお姿をしていらっしゃいました。

CIMG5871.jpg  CIMG5872.jpg

諏訪大社の狛犬様は、どこも堂々としていて頼もしい。

これなら、どんな魔物も逃げ出してしまうのではないでしょうか。



ご朱印と記念巾着



さてさてさてさて・・・・

これで、今日4つ目のご朱印です。

春宮の境内をくまなく・・・といってもそんなに広い敷地ではないですが・・・散策した後、初めに足を向けた社務所に行き、春宮のご朱印を頂いてきました。

これで、諏訪大社4社めぐりの完成です。

4つのご朱印を見事ゲットしました。

そして・・・・

そうです。

4社めぐりを達成すると、記念の巾着がもらえるんです。

これがその記念の巾着です。

CIMG6191.jpg

諏訪大社のマーク入り巾着ですよ!!!

CIMG6192.jpg

長野県に移り住んだのも何かのご縁であったと思うし、そのご縁を通して、今、こうして神社・仏閣を回らしていただけるようになり、新しい楽しみが増えたのは本当に嬉しいことだと思っています。

そして、長野県の一の宮である、ここ諏訪大社の上社(本宮)と下社(秋宮)の2か所の神様を初め、諏訪大社4つの神社をお参りさせていただけたことは、本当に嬉しかったです。

前々から、この4社めぐりをしたいと思っていながら実現できなかっただけに、この日の喜びはひときわでした。

奥さんとは、月に一度は、ここ諏訪大社様の4社めぐりをやれるようになればいいねと話しています。

その夢を実現して行くためにも、日々精進していかなくてはいけないと、改めて気を引き締めていきたいとおもいます。

諏訪大社の神々様、龍神様・・・・

本当にありがとうございました。

また、お参りに行かさせていただきます。

よろしくお願いいたします。



今回頂いた、諏訪大社・春宮のご朱印はこちらです。

CIMG6038.jpg









【 諏訪大社 春宮 】

所在地・・・・長野県諏訪郡下諏訪町193

詳しくはこちら





スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する