神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



北斗神社
長野県は諏訪市にある小さな神社・・・

でも、ある意味とってもすごい神社があるんです。

それが北斗神社です。

北斗神社

場所は、諏訪大社の上社(本宮)のすぐ南側。

車で行けば、諏訪大社の上社(本宮)からわずか1~2分程度のところにあります。

道路わきに、車1台分の駐車場があるんです。

CIMG5790.jpg

駐車場に車をとめて降りてみると、のぼりや鳥居があり、ここに神社があることは確かなようなのですが、どこにお本殿らしきものが見えないんですよ。

CIMG5793.jpg

え~~~・・・・と思っていたら、のぼりや看板になにやら不思議な文字が・・・???

CIMG5791.jpg

なになに・・・

天空の長寿神????





天空の神社


ご祭神は、日本神話の神様である天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)様だそうです。

CIMG5792.jpg

天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)様は、天地に代表される世界が初めて生まれたときのことを示す「天地開闢(てんちかいびゃく)に関わった五柱の神様の一柱だそうです。

宇宙の根源の神であり、宇宙そのものであるともされているそうです。

また、「寿命の神様」とも言われていて、戦時中は出征兵士を送る家族が多く参拝に訪れていたそうです。

そして、この呼び名こそがこの神社の特徴の一つでおあるんです。

この神社のすごいところは・・・・

天空の城ラピュタ・・・・じゃなかった、天空の神社と呼ばれているところなんです。

なんで、天空の神社と呼ばれているかと言えば・・・・

ここ北斗神社をお参りするには、200段からの階段を登らなければならないのです。

CIMG5787.jpg

しかも、けっこう急な登り階段ですよ。(降りる時には下り階段ですけど・・・。)

でも、ここの神様は長寿神といわれているので、ここ北斗神社を、頑張って200段の階段をクリアーしたら、もしかしたら長寿が約束されるかも・・・・あくまでも・・・かも・・・・ですよ。

CIMG5785.jpg

狭くて急な階段を、ひいこらひいこら言いながら、一生懸命登りましたよ。

だって、この階段の上に本殿があるのですからね。

CIMG5784.jpg

でも・・・

頑張って上りきると・・・

なんと、こんな素敵な景色が見られるんですよ。

CIMG5779.jpg

そうです。

まるで山登りでもしているかのような・・・。

諏訪の町並みを見下ろすこの景色。

ここまで登ると、確かに天空の神社と言われるのも納得ができます。



階段の上には・・・・



階段を上りきると、そこには小さな本殿ともう一つ小さな祠があるだけ。

CIMG5783.jpg

敷地と呼べるスペースも、本当に小さいんです。

もちろん社務所などありませんから、ご朱印もいただけませんが・・・・。

それでもここに多くの参拝者が訪れるのは、やはりこの諏訪野町を見下ろせる景色があるからだと思います。

私も、この景色を見たときに、頑張ってよかったなと、本当のもいましたから。

切れた息を整えて、小さな本殿の前に立ち、いつものようにお参りをさせていただきました。

ここでも、北斗の神様・龍神様にお参りをさせていただけたこと、そしてこのようにご縁を持たせていただいたことに感謝を述べ、世界中の人の愛と平和と調和と秩序を富と健康と幸せを願い、全ての人に愛と善意を放つ努力をすることを誓いました。

また、一人でも多くの人に笑顔を届けられるような人生を歩んでいきたいことを願い、家族みんなが、心豊かに暮らしていけることを願ってきました。

小さな本殿ですが、ここまで上がってくることで、そのご利益も増すのではないかと思えます。




下りはらくらく・・・・ちょっと怖いけど・・・


登りの200段は、たしかにしんどかったです。

あとどれくらいかかるかな・・・と、何度も立ち止まり、又歩き出す。

なんとか上まで到着した時のことを考えれば、くだりはずいぶん楽でした。

一度歩いたところは先の見通しが立つからだと思いますし、やはり下りですから。

あっという間に、下まで降りてきました。

ま、急な階段ですから、ちょっと怖かったですけどね。

下まで降りて、再度振り返ると、そこには雲の上まで続くのかと思わせるような階段が続いていました。

よくあの上まで上ったものだと、自分をほめてしまいました。

ご朱印がもらえるわけでもなく、ただお参りするだけですが、あの絶景を見て来るだけでも、ここ北斗神社への参拝は価値があるものだと、降りてくるとなおさら感じるものです。

もし、興味を持たれた方がいましたら、是非お参りに来てみて下さいね。








【 北斗神社 】

所在地・・・長野県諏訪市大字中洲




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する