神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一本木神社
前回に引き続き、今回も、野県大町市常盤地区にある、もう一つ別の神社をご紹介しますね。

そこは、常盤地区の町中にほど近い、わりと端正な住宅街の一角にあります。

前が国道147号線で、南に行けば安曇野市や松本市に、北に向かえば、白馬村や小谷村、県を超えれば新潟県糸魚川市まで続いている幹線道路なんです。

しかし、そうは言っても、田舎の幹線道路ですから、大町市内としては確かに交通量の多い道だとは思いますが、ひっきりなしに車が行きかうというほどの街道ではありません。

そんな立地場所にある、ここも、この地域の人達が、昔から守り続けてきた小さな神社があるんです。

その名も一本木神社。

CIMG6173.jpg

この地域には、一本木という地名で、その地名を名前にした一族がたくさんいらっしゃる場所です。

そして・・・・

ここ一本木神社も、あの八王子神社のブログで書かせていただいた「ご朱印散歩」に参加しているんです。

CIMG6155.jpg

ですから、ここで写真を撮って、毎月1日の午前中に、やはり常盤地区にある八王子神社の社務所に行ってその写真を見せると、ここ一本木神社のご朱印もいただけるんですよ。



小さな神社


ここ一本木神社も、地元の集落で管理しているちいさな神社です。

敷地も、駐車場として使えるスペースはそれなりに広いのですが、それ以外は固まってあるだけで、敷地は決して広いとは言えません。

でも、地元の方が、こまめに掃除などをしてくれているからでしょうか。

地味な神社ではありますが、こぎれいにされています。(私が行った時には、秋祭りの前だから、よけいにきれいにしてあったのかもしれませんが。)

鳥居は国道に面した所に立っていて、鳥居の奥に駐車スペースがあります。

CIMG6171.jpg

車は、側道から駐車スペースに入れるので、実質的には、個々の神社をお参りする際に、車でくると、鳥居をくぐるのは、一度表の道に出直してからでないと、くぐれないんですね。

鳥居をくぐることに我が家はわりとこだわっている・・・というか、鳥居をくぐって本殿に行きたいと思っているので、車を止めてから一度外に出て、鳥居をくぐり、本殿に向かいました。

車は、本殿のすぐ前に止めてあるんですけど。

ちなみに、車を止める際には、本殿に向かってバックで止めてはいけないそうです。

神様に排気ガスがかからない配慮が必要とされるんですね。

今回の、この一本木神社も、駐車する場所によっては、神様に排気ガスがかかってしまうところもあるので注意したほうがいいでしょう。



小さな神社でも丁寧なお参りを・・・・


さてさて、この日も、先ずは手水舎でお浄めをして・・・と思ったら、やはりコロナの影響ですかね・・・手水舎は使えませんでした。


CIMG6175.jpg  CIMG6176.jpg

仕方がないので、手水舎の神々様にお浄めをしていただけるようお願いをしてから本殿に向かいました。

CIMG6159.jpg

さっそくお賽銭を入れさせていただき、鐘を鳴らすという一連のパターンをさせていただいてからお参りをしました。

ここ一本木神社では、この日は、お賽銭箱がしっかりと外に出されていましたよ。

これは気持ちの問題なんですが、お賽銭は、扉の穴から投げ入れるよりも、ちゃんとお賽銭箱に入れさせてただいたほうが、気持ちは盛り上がりますよね。

ま、お賽銭泥棒が出るような変なご時世ですから仕方がない事なんですけど。

で・・・

ここ一本木神社のご祭神は、天照大神様、天忍穂耳命様、熊野久須毘命様、天穂日命様などなど他大勢の神様を祀っていらっしゃるんです。

小さな神社でも、とてもありがたい神社ですよね。

そして、その多くが、昔の人々の暮らしを守っていくために必要な神様に来ていただいたんだと思いますが・・・・。

そんな神社です。

ここ一本木神社に限らず、神社の規模の大小にかかわらず、素敵な神様がどこの神社にもいらっしゃいますので、私はどこの神社に行っても、丁寧にお参りをさせていただくことを心掛けています。

ただし・・・

例えば、時間がなくてしっかりとお参りできないとか、犬が一緒で境内に入れないとか、ここはどうも相性が悪そうだと思う神社であったりした場合など、鳥居の外から手を合わせて、感謝の気持ちと自分の思いを伝えるだけでも、充分効果はあるそうですから、必要に応じては、省略型の参拝も取り入れてみてください。

相性の悪いと思う神社では、無理ない長居をすると、神社の境内には、良い神様だけがいらっしゃるのではなくて、参拝に来た方々が置いて行った悪い気もたくさんあるので、そういったいらないものをもらって帰ってしまう事もあるそうですから。

ここ一本気神社でも、今回も、私は、この一本気神社の神々様や龍神様と出会えたこと、またご縁を結ばせて頂けたことに感謝をし、世界中の方々の幸せを願いました。

そして、私も、一人でも多くの方々に笑顔を届けられるような人生を歩むことを誓い、家族の健康と幸せで心豊かな暮らしを送れることをお願いしてきました。



摂社・末社の神々様にも・・・


ここ一本気木神社にも、本殿に祭られている神々様以外のも、摂社・末社の神々様がいらっしゃいました。

CIMG6162.jpg

天満宮に秋葉神社、飯綱神社に杜宮寺神社。

そして・・・住吉社等など

摂社・末社にも、素晴らしい神社の神様が祀られているでしょ!

かわいいお釈迦様(?)や観音様(?)もいらっしゃいましたよ。

CIMG6169.jpg

ここでも、たくさんの神様とご縁を持たせていただきました。

また、素敵な狛犬さまもいて、悪行からみんなを守って下さっていましたよ。

CIMG6161.jpg  CIMG6160.jpg

大黒様や道祖神様もいらっしゃいましたよ!!!

CIMG6177.jpg




秋祭りの準備


ここ一本気神社でも、秋祭りの準備が進められていました。(お参りに行かせていただいたのが9月でしたから・・・。)

CIMG6174.jpg   CIMG6172.jpg

また、本殿のところには、神事と人生のかかわりについてかかれたものが張り出されていました。

CIMG6158.jpg  CIMG6157.jpg

それを読んでみると、人の一生の中で、妊娠中の着帯祝からはじまり、出産後の命名、初宮参、そして入学式や成人式、厄払いに結婚式に・・・・この世に生のある間に、本当にたくさんの機会で神様にお世話になっていることがわかりました。

むかしから、私達は。日々の暮らしの中で、常に神様に見守っていただきながら、一生を送っているんだすよね。

新型コロナウィルスの感染予防のため、いつもと同じようにはお祭りも出来ないかもしれませんが、今年の作物の豊作のお礼と、みんなの健康と幸せを願う大切なお祭りですから、しっかりと守っていっていただけたらと願うばかりです。

そして、いついつまでも、この神社が、この集落の・・・いえいえ、この大町市の・・・いえいえ・・・この日本の・・・いや、世界中の人達の幸せと豊かな暮らしを守って下さることを願うばかりです。

今年は、本当に、暗い話題ばかりが続き、自粛ムードがとかれることなく過ぎていく日々の中で、こういった信心事だけでも、守り受け継ぎ、そして発展してくれたらと思います。





【 一本気神社 】

所在地・・・・長野県大町市常盤上一本木4733

詳しくはこちら






スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する