神社・仏閣めぐりの旅日記
我が家は神社・仏閣めぐりが大好き家族。そんな我が家の神社・仏閣めぐりの旅とそれに関する何気ない出来事や思いなどをご紹介。もし、気になる神社・仏閣などがありましたら、是非、あなたも足を運んでみてください!
スポンサードリンク



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
神社仏閣めぐりが趣味の50代半ば過ぎのオヤジです。神様や、龍神様、仏様とつながりを持たせていただけることを心の喜びとして、神社仏閣へ足を運んでいます。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



こちらをクリックしてください!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



諏訪大社四社めぐり
さて・・・

大晦日から元旦にかけての夜には、我が家の鎮守様である八幡神社にお参りに出かけましたが・・・・

もう一つ、どうしても行きたい神社があり、2日の日に出かけてきました。

それは、・・・

諏訪大社です。

諏訪大社は、長野県の一宮なります。

あ、一宮になるのは上社と下社の二つですけどね。

でも、諏訪大社はその他にも前宮と春宮も含めて四社あり、全てを一度に周る四社めぐりをすると、よりご利益もいただけるとか・

なので、できるならば・・・・通常ならば、このお正月の三が日は、どの神社も混んでいて、それぞれをお参りするのに時間がかかってしまい、四社めぐる時間がないんですよね・・・四社めぐりたいと思い、とりあえず行ってみることにしました。

と言うのも、今年は新型コロナウィルス感染を気にして、どこの神社も参拝者が少ないようなので、もしかしたら、四社めぐれるかも・・・と期待をして言ったんです。













前宮


我が家の四社めぐりは、いつも一番我が家から遠いい前宮からお参りします。

CIMG7257.jpg

ま、遠い所から近いところへ移動するのが、動きとしては一番楽かなという思いもあるんですが、前宮は、あるものの本によると、龍に出合える機会のとても多い神社とのことなんですよ。

現に、私達も、この前宮で、何度も龍を見かけたり、龍神様の歓迎を受けたりしましたから。(お参りしているときに、急に津用意風が吹いたりしたときには、龍神様が歓迎してくださっているらしいですよ。)

なので、いつも前宮からお参りさせていただくんですね。

CIMG7263.jpg

今回も、まずは前宮から・・・と、車を入らせたんです。

途中、上社の前を通るのですが、上社の前には、予想したほどの参拝客の姿が見えなかったので、これなら四社めぐりも可能かと、気持ちも高まりました。

さて・・・

前宮に着いたら、まずは本堂におまいりをさせていただきました。

CIMG7261.jpg

前宮は、街道沿いに鳥居と駐車場があるのですが、そこから少し奥まったところに本殿があります。

ゆるい上り坂をえっちらほっちらと登って本殿に向うんです。

前宮は、上社よりも参拝客の姿はまばらでした。

待つこともなく、お参りを済ませることができました。

そして・・・

この前宮で、ご朱印と熊手を頂きました。

CIMG7262.jpg

熊手は、昨年は、地元の鎮守様である八幡神社で頂いたのですが、今年は、ここ諏訪大社の熊手をいただきたかったので、この龍神様のたくさんいらっしゃるであろう前宮でいただくことにしました。

お参りを済ませ、希望のご朱印と熊手も手に入ったので、この日は早々に次の上社に移動しました。




上社


続いてお参りさせていただいたのが上社です。

CIMG7268.jpg

この上社は、下社と共に、長野県の一宮になる神社です。

CIMG7267.jpg

それだけに、毎年たくさんの参拝者がおとづれる神社なんですが・・・・

今年は、やはりコロナウィルスの影響ですね。

こちらも、前宮よりは多いとは言うものの、例年に比べれば、参拝者の数はぐっと少なくなっていました。

CIMG7264.jpg

ま、我が家のように、お正月に四社めぐりをしたいと思っている方には、逆にありがたいのですが、昨年、この上社の参道にあるお店のご主人と話をしたときに、昨年も年間を通して参拝さyが激減して、神社もお賽銭が集まらず、維持管理が大変だったと聞きましたから、今年は、このお正月から参拝者が少ないのでは、本当に神社の存続に関わる問題でもあるんだなと思いました。

そんなことを考えながら、本殿でお参りをさせていただきました。

CIMG7266.jpg

ここでは、5分くらい順番待ちをしました。

それでも、5分程度ですけどね。

お参りをさせていただいた後は、ここでもご朱印を頂きました。

CIMG7265.jpg

それと、諏訪大社の神札も頂きました。

この神札は、我が家の神棚に祀らせていただきました。

前宮でも、ここでも、ご朱印は、ご朱印帳に直筆で書いていただけました。

ただ、前宮の時には少し待ったので、ここ上社では、お参りする前にご朱印をお願いしていき、お参り後に、社務所にとりに行きました。

こうすることで、待ち時間も減らせると思ったからです。

上社の参道は、それ程長くはないのですが、出店が多数出店していました。

CIMG7269.jpg

その多くが縁起物を売っているお店ですが、その他にも、食べ物屋さんも出ていました。

息子が、「黄金のとりから」を食べたいと言うので、ちょっと小休止をして、みんなで頂きました。

とても、美味しかったですよ。

「黄金のとりから」を食べて、他の出店をみながら・・・と、骨董品屋さんを発見。

こういうところには、仏像などがおいてあるんだよね・・・と、かみさんとお店を覗いてみると、仏像もありましたが、かみさんの目に留まったのは、ガラスの天使とおかめの置物。

気に入ったようなので、この二つをいただいて帰りました。

この上社で、ちょっとお正月気分を味わい、次の下社へと出発をしました。

ちなみに・・・

普段は無料の駐車場ですが、ここ上社だけは1回500円の有料でしたよ。

ま、お正月だからしょうがないですけどね。











下社


さてさてさて・・・・

上社をお参りさせ知恵ただいた後は、下諏訪町の方へ大きく移動して、下社へ思い理させていただきました。

CIMG7272.jpg

上社は、境内に駐車場があるのですが、このお正月は、境内の駐車場は、縁起物などの出店が出ていて、駐車場としては使えませんでした。

なので、境内の裏の小さな駐車場か、町中の駐車場を利用します。

私は、試しに裏道から、境内の裏に回ってみました。

すると・・・

幸運にも、駐車場がすぐに空いて、止めることができました。

ラッキーでしたよ。

車を止めて境内へ。

途中、縁起物ん出店をのぞいてみました。

お店の方と少しお話ししたところでは、やはり、今年はコロナ対策に関連するような縁起物が人気のようでした。

特に、疫病退散・・・の意味合いの物が、みんさんの注目を集めていたように思います。

私は・・・

ここでも冷やかしだけで、特に買い物はしませんでした。

境内に進むと、ここも、予想以上に人手が少なく、ほとんど待つことなくお参りをさせていただくことができました。

CIMG7276.jpg

そして、おみくじを引こうという事になり、社務所に行くと・・・

なにやら、安産柄杓なるものが・・・。

巫女さんに話を聞くと、柄杓の底が抜けているので、水を汲んでも、みんなそこから流れ落ちてしまう柄杓にかけて、お産も、水が流れ出るようにスムーズに生まれてくるようというお願いだそうです。

我が家も、息子の所で出産を控えていただので、早速一つ購入しました。

この柄杓を持ち帰ってよいのかと思ったら・・・

この柄杓に、妊婦さんの名前と、出産予定日などを書き、子安社に奉納すると、安産のお願いがかなうとか。

CIMG7282.jpg
本当は、一つ持ち帰りたかったのですが、そこはしきたりに従い、柄杓を子安社に奉納させていただきました。

CIMG7280.jpg    CIMG7281.jpg

結果は・・・1月9日に、無事出産。

しかも、しっかりと安産でした。

ご利益ありましたよ!!!!近いうちに、お礼参りに行かなくてはね!)

安産柄杓を奉納後、再度社務所に行きおみくじを引きました。

ちなみに、私は、地元八幡神社でもおみくじをひかせていただいたのですが、その時は、「吉」がでたんですけど、その内容が、心のあり方ひとつで、願い事がかなうと出たんです。

そして・・・

ここ、諏訪大社の下社で挽いたおみくじも、やはり「吉」で、その内容は、心がけ次第で、思う以上に早くに願いが叶うと出たんですよ。

今年のお正月に、2回引いたおみくじが・・・

しかも、違う場所で引いたおみくじが・・・

同じような内容のもなんて、こんな偶然ないですよね。

きっと、これは、神様からのメッセージだと思いました。

そして・・・

私の今年の目標は・・・“謙虚”と“思いやり”としました。

心、憂い浮きとしながら、ここ下社でも、直筆のご朱印をいただくことができました。




春宮


そして、下社でお参りを済ませた後は、最後に春宮にお参りさせていただきました。

CIMG7285.jpg

ここ春宮も、参拝者はまばらで、駐車場も空いていたし(春宮の駐車場はあまり大きくないんですよ。だから、満車かなと心配したんですけどね・・・。)、待つ事なくお参りをさせていただくことができました。

CIMG7284.jpg

CIMG7286.jpg

まさか、正月に諏訪大社4社めぐりができるなんて・・・

しかも、殆ど待つことなくお参りさせていただけるなんて・・・

奇跡でしかないでしょ。

普通では考えられないことですよ。

これも、コロナウィルスの影響下と思うと、手放しには喜べないのですが、それでも、ラッキーでした。

春宮でも、しっかりとお参りをさせていただいた後に、ご朱印を頂きました。

ここ春宮でも、直筆のご朱印をいただくことができました。

通常、お正月のような混雑した時のご朱印は、書置きのみで、直筆のご朱印はいただけないと諦めていたんですが、こちらもラッキーでした。

しかも・・・

4社めぐりをしたということで、記念にマスクも頂きました。

このマスクが青色のマスクだったので、青色は私のラッキーからだということもあり、私が使わせていただくことになりました。

ありがとうございました。




万治の仏


そして、春宮にお参りさせていただく時には、必ず一緒に周らせていただくところがあるんです。

それが、浮島社と万治の仏です。

浮島社は、春宮のすぐ裏にある川の中州にある神社で、どんな洪水が起きても流されることがない神社として有名なんです。

CIMG7289.jpg   CIMG7288.jpg

CIMG7291.jpg

こじんまりとした小さな神社ですけども、ここにお参りに来ると、これからどんな苦労が合っても、乗り切ることが出切るのではないかという気持ちになれます。

CIMG7290.jpg

きっと、どんな逆境でも乗り切れる力がいただけると信じているんです。

そして、万治の仏も、この浮島神社のある川沿いにあります。

ここは、お願い事をしながら、この石仏の周りを3周すると願いが叶うとされていて、かみさんは、ここでお参りすると体の不調が緩和されるといつも言います。

CIMG7293.jpg   CIMG7294.jpg

だから、我が家にとっては、とてもありがたい仏様なんです。

CIMG7295.jpg

これで、今回の諏訪大社4社めぐりと、それに関わるお参り儀とが全て叶いました。

ありがとうございました。

今年は、お正月から縁起がいいなと痛感しています。

きっと、我が家は、今年はより飛躍できる一年になるのではと、期待が高まりました。

このご利益が、皆様にも届くと信じて、今年も、このブログ「神社・仏閣めぐりのたび」を書き綴っていきますので、是非、これからもお付き合い下さい。

よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する